/***** END CSS styling enhancements to the default Skilljar theme *****/
Community Support Forums Documentation
Coverity: ソース コードのキャプチャ ja-JP / Capturing Source Code

Coverity: ソース コードのキャプチャ ja-JP / Capturing Source Code

このコースでは、解析の準備として、ビルド キャプチャおよびビルドレス キャプチャを使用してコードをキャプチャする方法を示します。

rate limit

Code not recognized.

このコースについて

このコースでは、解析の実行に備えてソースコードをキャプチャする方法について説明します。ビルド キャプチャまたはビルドレス キャプチャがコードベースの正しいアプローチであるかどうかを判断することにご活用ください。  次に、このコースでは、cov-buildとcov-captureの使用方法について説明します。  最新バージョンのCoverityを使用している場合は、多くの場合、このコースで説明されている旧式の方法を使用するよりも優れたオプションであるため、代わりにCoverity CLIを使用したコードの解析コースを参照することをお勧めします。 
環境:Coverity 2020.12  
ユーザーロール: Developer(開発者)
デプロイメント: オンプレミス
キーワード:Coverity, cov-capture, cov-build, 解析, 学習, Eラーミング, E-ラーニング, コース, Eコース, E-コース, トレーニング, E-トレーニング, 自己ペースのエンドユーザー

Curriculum15 min

  • ソース コードのキャプチャ 15 min
  • Course Complete!

このコースについて

このコースでは、解析の実行に備えてソースコードをキャプチャする方法について説明します。ビルド キャプチャまたはビルドレス キャプチャがコードベースの正しいアプローチであるかどうかを判断することにご活用ください。  次に、このコースでは、cov-buildとcov-captureの使用方法について説明します。  最新バージョンのCoverityを使用している場合は、多くの場合、このコースで説明されている旧式の方法を使用するよりも優れたオプションであるため、代わりにCoverity CLIを使用したコードの解析コースを参照することをお勧めします。 
環境:Coverity 2020.12  
ユーザーロール: Developer(開発者)
デプロイメント: オンプレミス
キーワード:Coverity, cov-capture, cov-build, 解析, 学習, Eラーミング, E-ラーニング, コース, Eコース, E-コース, トレーニング, E-トレーニング, 自己ペースのエンドユーザー

Curriculum15 min

  • ソース コードのキャプチャ 15 min
  • Course Complete!